URAの活動 (Bメニュー)

分野横断プラットフォーム構築事業

  • 学際
  • 資金提供

このページを印刷

プロジェクトの紹介

本事業は学際研究のアイデアを芽吹かせる学内ファンドです。URAとして、研究者と一緒に新しい学際アイデアの実現化を考えるのは、URA冥利に尽きます。研究者の斬新なアイデアと熱いモチベーションから、成果が思わぬ展開に繋がることも珍しくありません。そもそも「研究成果」とは何か?「研究力」とは何か?を深く考える機会にもなる事業です。

担当

プロジェクトリーダー:白井URA

研究者の声

・ワークショップ支援を得て遠方から話題提供者を招聘できたため、これまでの関西地区における手弁当のイベントでは実現できなかった全国区のネットワークが構築できつつある。一般公開イベントとして広報したことで、不参加だった研究者にも我々の活動の趣旨が伝わり、出張先や学会等で声をかけられるケースも増えた。

・所属する学問分野から任意に演者を集めて「セミナー/研究会」を開催する経験は今までもあったが、明確なコンセプトの元に企画を作るケースは初めてであり、勉強になったと同時にその難しさも実感した。だが、ワークショップ後の交友関係の広がりや、参加者からの「楽しかった」という声をモチベーションとして、これからもできる限りこのような取り組みを継続していきたいと思っている。

・互いの研究に共通性があることを感じ,一緒に取組むことができないだろうかと考えた企画でした。共通性を深く考えることにより,異なる行動の普遍化ができ,行動変容,利他的行動というkey wordを見出すことができました。そして,私たちが目指している研究のゴールに近づくためには,既存の学問分野を超え,学際的な接近が必要なことも再認識しました。

  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP