【募集】リサーチ・アドミニストレーター(URA)の募集について<終了しました> 採用情報

Date : 2015.09.11

特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター、URA)の募集について

新たに8名程度のURAを募集します!(平成28.4.1採用)

【受付は締め切りました】

今回、学術研究支援室では更なる体制強化の一環として、以下のとおりリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA※」という。)を追加募集いたします。
本学研究者との対話、協働において、あなたの研究経験、研究分野の専門知識、研究支援に係る業務経験は重要な要素となります。
これまでの経験・知識を生かし、“研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果活用促進を行い支援する「URA」”としての新たな道に是非挑戦してください。
※URAとは University Research Administratorの略です。

【背景】
京都大学は開学以来「自由の学風」を大学の根幹に据え、自由闊達な対話を基とする研究教育理念を堅持し、様々な領域を越えた独創的な学問体系を構想・構築することにより、世界に冠たる研究大学として我が国の学術研究の発展に貢献してきました。
しかしながら、昨今諸外国の研究競争力の強化はめざましく、本学も研究競争力を一層向上させる必要があるため、研究者を支援し、協働で業務の推進に取り組む体制を整えています。まず文部科学省事業「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備(リサーチ・アドミニストレーションシステムの整備)」により、高度な専門的知識・経験を有する者をURAとして採用し、平成24年度に学術研究支援室を発足させました。その後平成25年度文部科学省事業「研究大学強化促進事業」に採択され、この事業の研究力強化実現構想の中で、URAを学術研究支援室に新たに採用し、研究力強化のための業務・事業を推進する体制の、より一層の整備を進めています。

特定専門業務職員(URA)募集要項(PDF) 必ず募集要項を確認の上、ご応募願います。

応募書類

提出方法

 1. 履歴書等(履歴書、研究支援等に係る業務リスト又は業績リスト、職務に対する抱負(MSWord)

電子メールまたは郵送等

 2. 応募カード(MSExcel)

電子メール
(MSExcel形式)

 3. 自己PR資料(A4用紙1枚)(作成要領 MSPowerPoint) 

電子メール
(PDF化)

※電子メールでの提出先:recruit※kura.kyoto-u.ac.jp(※を@に変えてください)

※電子メールの件名:「URA応募書類の提出(氏名)」としてください。

※自己PR資料については、パワーポイントをお持ちでない場合、ワープロソフト等によりA4用紙1枚で作成したものをPDF化して送付いただいても構いません。

※全ての応募書類が受付締切日までに提出されたもののみ有効な応募とします。また、指定の様式を使用せずに提出された場合は審査に付しませんので、ご注意願います。なお、郵送等した書類が本学に到着しているかどうかの個別の問合せには応じません。各自で郵便追跡サービスなどをご利用ください。

【関連リンク】

文部科学省「リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備」ホームページ
文部科学省「研究大学強化促進事業」ホームページ
京都大学「研究大学強化促進事業」特設サイト

採用情報のトップへ戻る
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP