イベント案内 Events and Seminars

今後の予定

Update : 2017.02.10

英国における研究評価制度REFを巡って : 人文・社会科学系の研究力は可視化できるのか?(2017年3月13日)

人文・社会科学系の研究力は可視化できるのか?

日本では、人社系の研究力をどのように可視化するかという課題の解決策が 模索される一方、既に研究評価制度が確立された国では、制度が学術研究に与える影響を懸念する議論も出てきています。本研究会では、先進的な事例である英国の制度REFを紹介し、研究評価制度が学術研究と大学経営にもたらす影響に関して考察します。

イベント名 第21回 京都大学リサーチ・アドミニストレーション研究会:英国における研究評価制度REFを巡って
開催日 2017年3月13日(月)15:00〜18:00
場所 学術研究支援棟 地下会議室

Update : 2017.02.10

第5回 京都大学国際URAワークショップ(2017年2月28日、3月1日)

英国とオランダからから3人のリサーチ・アドミニストレーター(URA)を招き、三つの異なるテーマについて2日間のワークショップを行います。URAのスキルアップが目的ですが、興味のある方はどなたでも参加できます。

イベント名 第5回 京都大学国際URAワークショップ 
開催日 2017年2月28日(火)、3月1日(水)
場所 学術研究支援棟 地下会議室、吉田泉殿1階セミナー室

Update : 2017.02.09

学振申請書の書き方講座(2017年3月21日)

申請書を上手く書くコツを知りたい!書くときの注意点は?
様々な大学で助成金獲得の支援をしてきた申請書添削のプロが、京大生だけに教えます。

イベント名 学振申請書の書き方講座
開催日 2017年3月21日(火)
場所 吉田南4共30講義室

Update : 2017.02.07

京都大学テックコネクト(新技術説明会)2017

「京都大学テックコネクト(新技術説明会)2017」を3月10日に開催します。テーマは、持続可能な社会の実現に向けて「私たちの地球資源をどうやって有効に利用していくか?」。京都大学の研究者と交流を深められる機会です。皆さまの参加をお待ちしています。

イベント名 京都大学テックコネクト(新技術説明会)2017
開催日 2017年3月10日(金)15:00-17:00
場所 京都大学大学院工学研究科イノベーションプラザ1Fセミナー室

Update : 2017.01.23

KURA HOUR:2月20日、3月13日 Transferable Skills ワークショップ

研究で得たすべての能力はどんな環境でも発揮できます。

イベント名 KURA HOUR:2月20日、3月13日 Transferable Skills ワークショップ
開催日 2017年2月20日、 3月13日
場所 附属図書館1階ラーニング・コモンズ

Update : 2017.01.20

第3回人文・社会科学系研究推進フォーラム(2017年3月3日)

京都大学学術研究支援室(KURA)共催の第3回人文・社会科学系研究推進フォーラムが琉球大学で開催されます。「地域と共に新しい“ジンブン”力を創造する人社系研究の展開」をテーマに、人文・社会科学系研究の新たな可能性について議論します。定員は先着50人。お申し込みはお早めに。

イベント名 第3回人文・社会科学系研究推進フォーラム
開催日 2017年3月3日(金)
場所 琉球大学 研究者交流施設・50周年記念館

バックナンバー

  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP