第2回京都大学-ブリストル大学シンポジウムが開催されました 活動報告

Date : 2014.02.03

1月9日・10日の2日間、ブリストル大学からエリック・トーマス学長はじめ、全役員・教員約60名が京都を訪問し、第2回京都大学-ブリストル大学シンポジウムが開催されました。本シンポジウムは昨年1月に松本紘 総長はじめ、約90名が英国ブリストルに赴き行われた第1回シンポジウムの成功を受けての開催となります。第1回の研究分野に加え、新たな分科会も設けられ、両大学合せて総勢240名以上が参加しました。

本シンポジウムは、2013年6月に策定した「京都大学の国際戦略」の一環として行われ、シンポジウムを機に今後の人材交流や国際共同研究の一層の推進により、本学の国際的プレゼンスを更に高めていくことが、その大きな目的です。

学術研究支援室は国際交流課と共に事務局として分科会、シンポジウムの企画・運営、ブリストル大学との調整に携わりました。

初日のプレナリーセッションでは、松本総長、トーマス学長の挨拶に次いで来賓としてご臨席をいただいた板東久美子 文部科学省文部科学審議官、ジェフ・ストリーター ブリティッシュ・カウンシル駐日代表からも挨拶をいただきました。その後、これまでの学術研究、大学運営への貢献、ブリストル大学との学術交流への多大なる貢献を称え、トーマス学長から松本総長に名誉博士の学位が授与されました。

プレナリーセッションでの基調講演としてブリストル大学からジェレミー・オブライアン 教授が「Quantum Technology」と題して講演され、本学からは山中伸弥 教授が「Frontiers in iPS cell Research and Application」と題してiPS細胞の医療応用に向けて最新の研究成果を紹介されました。

初日午後から翌日にかけて、13の研究分野に分かれて分科会(※)が行われ、今後の一層の研究協力に繋がる活発な議論が繰り広げられました。2日目夕刻にはシンポジウムの締め括りとして各分科会代表者により成果、今後の計画について報告が行われました。 最後に、三嶋理晃 理事・副学長とニック・リーベン ブリストル大学副学長による閉会の挨拶があり、2日間に亘るシンポジウムは成功裏に閉幕しました。       

 

  (※)分科会 テーマ一覧

  1. Physical Chemistry and Materials Chemistry
  2. Nano-science
  3. Nuclear Materials
  4. Robotics and Human Machine Interaction
  5. Intimacy and the Public Sphere
  6. Political transformation in Southeast Asia
  7. Economy theory
  8. English Literature / Colonialism / Philosophy・Logic
  9. Natural Hazards and Risks
  10. Nano-photonics
  11. Plant Sciences
  12. Neuroscience
  13. Technology Transfer and Innovation

 

 

   
講演会場での参加者集合写真              松本総長への名誉博士の学位授与
 
 
    
分科会ラップアップセッション風景         分科会ポスターセッション風景
 
 
シンポジウムを終えて
~ 吉川理事、三嶋理事、両大学事務局メンバー
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP