第1回研究大学コンソーシアムシンポジウムにKURAのURAが参加しました(2017年12月6日) 活動報告

Date : 2017.12.15

日本の研究力強化に取り組む大学の研究担当理事の集まりとして組織された研究大学コンソーシアムが2017年12月6日(水)、東京国際交流館で「第1回研究大学コンソーシアムシンポジウム」を開催し、京都大学学術研究支援室(KURA)のリサーチ・アドミニストレーター(URA)がポスター発表などで参加しました。

研究大学コンソーシアム」は、研究大学強化促進事業採択の22機関と、大学研究力強化ネットワークの11機関から構成され、各機関における好事例を共有したり、Webサイトやシンポジウムを活用して情報を発信したりすることを目的に活動しています。

第1回のシンポジウムにはKURAと京都大学研究推進部からの10人を含め、各機関から約250人が参加。URAと事務職員がポスターセッションや情報交換会を通じて、各機関の好事例活動について多くの知見を得たり、交流を図ったりするなど、実りある機会となりました。

シンポジウムのプレイベント「研究戦略ワークショップ~高度専門人材の役割」には、KURAの橋爪寛URAが参加し、研究戦略立案や意思決定の場におけるURAの役割について、演習を交えながら他大学のURAと議論を深めました。また、ポスター発表では京都大学における研究大学強化促進事業の成果と展望について、主に白井哲哉URAが紹介。同事業の中間評価で京都大学が最高(S)評価を得た直後だったこともあり、京都大学のポスター前は人が絶えず盛況でした。

  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP