シドニー大学で研究交流会を開催しました 活動報告

Date : 2016.09.01

京都大学学術研究支援室(KURA)国際グループのURAは8月23日から25日にかけ、京都大学の理事を含む教員7人と豪シドニー大学を訪問し、共同研究チーム形成に向けた研究交流会を開催しました。

京都大学とシドニー大学は1999年に大学間学術・学生交流協定を締結して以来、研究と教育の交流を進めてきました。2014年にはシドニー大学が京都大学を戦略的パートナー大学に選定し、翌2015年10月にスティーブン・ガートン副学長を含む研究者8人が来日。KURAはシドニー大の国際交流担当アンドリュー・モリソン氏と協働して交流実績や書誌情報に基づいて研究者をマッチングし、薬学、情報工学、電気電子工学、東南アジア研究の4つ分野のミニワークショップを企画・開催しました。

そして今回は京都大学の関係者がシドニー大学を訪問。薬学とエネルギー科学(電気電子工学)、霊長類研究、東南アジア研究の4分野で、ミニワークショップを開きました。 こういった活動は、新しい研究チームの形成や外部資金の獲得といった風に実を結んでいます。URAが蒔いた種がさらに成長して、将来の両大学の研究教育の幹になることを楽しみにしています。

稲葉カヨ・理事副学長とガートン副学長 研究交流の様子
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP