「京都大学アカデミックデイ2015」を開催しました(2015年10月4日) 活動報告

Date : 2015.10.09

2015年10月4日、京都大学の研究者が市民と対話する「京都大学アカデミックデイ2015」を、百周年時計台記念館で開催しました。さ​わやかな秋晴れの元、約450人の来場者があり、60件を超える出展ブースが並んだ会場は、大いに盛り上がりました。

5回目となる今年は、座談会の様子をインターネット中継したり、会場の生の声をお届けするTwitterブースが登場したりするなど、今までとは違った取り組みにも挑戦。課題も多かったのですが、来場者だけではなく、研究者にとっても実りある一日となりました。

座談会は「オープンサイエンス」をテーマに、クラウンファンディングを疑似体験したり、100年前のオープンサイエンスについて研究者が語り合ったりしました。また、その様子をインターネット中継。その場にいない方々からも意見が集まりました。

また、Twitterを利用して来場者の生の声を集めました。Twitterでは、「わくわくする♪」「色々な分野の研究者の方々がいらっしゃり、面白かったです!」「学問って楽し!」といったつぶやきがありました。

「研究者の本棚」コーナーには山極総長の本棚も登場。参加研究者オススメの本を、来場者が興味深い面持ちで手に取っていました。 ご来場くださったみなさま、ネット中継をご覧になったみなさま、Twitterでつぶやいてくださったみなさま、どうもありがとうございました!

 

  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP