ビジョン・ミッション学術研究支援室について

KURA(京都大学学術研究支援室)は、高度な専門知識・ 経験を有する「リサーチ・アドミニストレーター(URA)」で構成され,研究者が研究活動に専念できる環境を整備するために研究プロジェクトの企画・運営・研究成果の社会還元を支援する組織です。京都大学では同じ目的で8地区に部局URA組織を配置し、共に協力し合いながら研究活動を支援してきましたが、平成28年度より、全URAが学術研究支援室の所属となる新体制が発足しました。国際戦略本部・情報環境機構・産官学連携本部・学際融合教育研究 推進センター・附属図書館などの学内組織と密接に連携し、全学的・弾力的な取り組みを実現します。

ビジョン

全学の教職員と協働し、京都大学の卓越した知の創造活動を支援する 世界トップクラスのリサーチ・アドミニストレーションの専門家集団となる。

ミッション



1. 研究者の潜在能力が十分に発揮できる研究環境の整備と研究推進支援
  学内支援組織と連携し、研究者が研究に専念できる環境を整備する。
  URAの強力な連携による外部資金の一層の獲得を目指す。
  国際・学際研究の推進を支援する。
  京都大学の国際戦略に沿って研究の国際化推進を支援する。




2. 研究推進に資するデータ分析と情報の提供
  研究力・研究環境の新たな分析手法を開発し、研究推進方策の策定を支援する。
  学術政策動向を調査・分析し、情報を提供する。




3. 研究活動・成果の可視化と社会還元の推進
  研究活動や研究成果の社会への発信を支援する。
  大学と社会とのコミュニケーションを推進し、イノベーション創出を支援する。





4. URAの活動強化に向けた人材育成と体制整備
  優秀なURA人材の確保に努め、多様な支援ニーズへの機動的かつ柔軟な対応体制を整備する。
  教育機会を積極的に活用し、高度な専門知識・技術を持つURA人材を育成する。
  国内外URA関連組織とのネットワークを構築する。

パンフレット

KURAのパンフレットです。PDFファイルで公開しています。

  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP