メンバー紹介学術研究支援室について

SHIRAI Tetsuya白井 哲哉

研究者へのメッセージをお願いします!

生物の多様性と同じように、研究者の多様性に富んだ大学は刺激的でクリエイティブな場だと思います。さまざまなモチベーションを持った研究者と共鳴しながら、研究環境の改善と知の創造に貢献していきます!

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

前職では、研究現場にある多くの課題を見てきました。好きな研究を続けることよりも、好きな研究ができる環境を作ることに興味を持ちました。京都大学のURAが、研究環境の改善を実践するだけでなく、その機能を担う「組織」や「専門職」を新たに創るといった試みであることに魅力を感じました。

専門分野・スキル

科学社会学・科学技術史、生体分子科学、神経科学、実験動物学、ゲノム科学、生物科学、基礎生物学、基礎医学、境界医学、社会医学

経歴

岡山大学理学部卒業
岡山大学大学院自然科学研究科 博士(理学)
京都大学大学院生命科学研究科生命文化学 特任助教
京都大学人文科学研究所 研究員
京都大学人文科学研究所 特定研究員
京都大学人文科学研究所 特定助教
京都大学文学研究科 非常勤講師
京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

研究者インタビュー Q&A

Q. 研究者時代の思い出深い失敗は?
半年かけて樹立した遺伝子組換えハエがコンタミしたこと
Q. 研究者になったきっかけは?
小さなころからずっと研究者になりたかった
Q. 研究について自慢できるマニアックな必殺技は?
体長2mmのハエの蛹の解剖
Q. 研究の相棒ツールは?
自前の研ぎ澄ましたピンセット
Q. 研究活動において思わずニヤリとしてしまった瞬間は?
ハエの遺伝子を操作して予想通りの形態変化が起きた時
Q. 好きな学術書は?
『THE CELL』
Q. URAのやりがいを感じる瞬間は?
研究者と呑んでいる時
Q. URA業務で一番苦労することは?
打刻
Q. URAの仕事で印象に残っているものは?
京都大学には熱い事務職員がいっぱいいること、知り合えたこと。
Q. KURAを一言で表すと、どんなところ?
最強のチーミング
Q. URA業務でいちばん大切にしていることは?
会って話す
Q. 京大の中で一番好きなスポットは?
URA室の自分のデスク
Q. 生協の学食メニューで一番好きなメニューは?
ささみチーズフライ
Q. 休日の過ごし方は?
仕事のことをできるだけ考えないようにする
Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?
ラーメンツアー(仲間を募って一緒に新しい店を開拓しに行く)
Q. 好きな本やオススメの本は?
『ハゲタカ』
Q. 尊敬する人物は?
岸部露伴
Q. 京都でオススメの観光スポットは?
北山のビレッジバンガード
Q. 性格をひとことで表すと?
自己中
Q. 月に何回飲みにいかれますか?
2〜3回
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP