メンバー紹介学術研究支援室について

SEKI Jiro関 二郎

副室長

研究者へのメッセージをお願いします!

企業研究者としての長年の経験を活かし、独創的な研究やプロジェクトの立上げ、推進、成果の社会還元を支援できればと考えています。誠実、タイムリー、的確な支援を心がけます。是非、協働して高い成果を上げましょう!

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけは?

企業研究者として定年が近づき、新たなチャレンジの場を探し始めた時、京都大学URAの募集を知りました。京都大学の研究力、教育力向上は、日本の研究力ひいては国力向上に直結する大変やりがいのある仕事であると感じたこと、これまでの経験が生かせるのではないかと考えたことから、セカンドキャリアとして選択しました。

専門分野・スキル

生物科学、薬学、基礎医学、境界医学、内科系臨床医学

経歴

京都大学農学部水産学科 卒業
藤沢薬品工業(株)中央研究所 研究員
大阪大学大学院医科学修士課程
藤沢薬品工業(株)新薬研究所 主任研究員
博士号取得(医学、大阪大学)
University of Washington 客員研究員
藤沢薬品工業(株)薬理研究所 研究室長
藤沢薬品工業(株)安全性研究所 研究所長
アステラス製薬(株)安全性研究所 研究所長
アステラス製薬(株)安全性研究所 シニアリサーチフェロー
京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(シニア リサーチ・アドミニストレーター)

研究者インタビュー Q&A

Q. 研究活動において思わずニヤリとしてしまった瞬間は?
立てた仮説が期待通りに実験で検証できたとき
Q. KURAを一言で表すと、どんなところ?
方向性を持ったカオス
Q. 休日の過ごし方は?
海釣り、水泳、ゴルフ、映画、歌舞伎、美術館
Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?
水泳、何歳になっても200m個人メドレーが泳げる泳力を維持すること
Q. 好きな本やオススメの本は?
『海賊とよばれた男』(百田直樹)、『逃亡』(帚木蓬生)、『下町ロケット』(池井戸潤)、『楽園のカンバス』(原田マハ)
Q. 性格をひとことで表すと?
温厚
Q. 月に何回飲みにいかれますか?
3~4回(晩酌は毎日)
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP