メンバー紹介学術研究支援室について

大澤 由実 リサーチ・アドミニストレーター

大澤 由実 リサーチ・アドミニストレーター

研究者へのメッセージ

とにかく、まずはぜひ、URAへの扉をノックしてみて下さい。

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください

研究と、国際交流・国際協力の二足の草鞋を履いていた私にとって、国際戦略URAは二足の草鞋を生かす絶好の仕事だと思ったからです。

関連する学問分野

地域研究、ジェンダー、観光学、文化人類学、社会学

経歴

東京学芸大学教育学部環境教育課程卒業
ケント大学大学院人類学部民族植物学専攻修士課程修了
ケント大学大学院人類学部民族生物学専攻博士課程修了 Ph.D.(Ethnobiology)
財団法人日本国際協力センター
欧州大学院歴史・文明学部 研究員
チェンマイ大学持続可能な開発と社会科学のための地域センター 特別研究員
京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

研究者インタビュー Q&A

Q. 研究者時代の思い出深い失敗は?
タイの山間の村で、薬師のおばあさんからいただいた貴重な薬草を、民家の軒先に置いておいたところ、放し飼いの鶏に食べられてしまったこと。
Q. 研究の相棒ツールは?
ペンとノート、カメラ
Q. 研究活動において思わずニヤリとしてしまった瞬間は?
論文の査読者から、参考文献として加えるようにと勧められた論文が、自分の論文だったこと。
Q. URA業務でいちばん大切にしていることは?
チームワークとコミュニケーション
Q. 京大の中で一番好きなスポットは?
本部棟の脇に生えているアスパラガス(春先限定)
Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?
ピアノ。結婚式でピアノやオルガンを演奏するバイトをしていたこともあります。
Q. 最近読んだ本でおすすめは?
『The Spirit Catches You and You Fall Down』
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP