メンバー紹介学術研究支援室について

KUWATA Osamu桑田 治

研究者へのメッセージをお願いします!

どうかお気軽にお声がけください。私自身のかつての(若手)研究者としての経験も踏まえて、より良い方向へご一緒に考えていきましょう。

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

自分自身がまず17年間にいくつもの大学で研究者としての経験を積み、続いて知財業界にて大学等での研究成果を実社会に還元する業務に携わる経験を得たことで、研究者の努力と社会との橋渡しをする仕事には大きな遣り甲斐があるに違いない、と確信できるようになったから。

専門分野・スキル

環境解析学、生体分子科学、複合化学、神経科学、生物科学、基礎生物学、基礎医学

経歴

京都大学理学部卒業
京都大学大学院理学研究科(生物物理学専攻) 博士後期課程修了
慶應義塾大学医学部生理学教室 助手
イリノイ大学アーバナシャンペイン校生命科学科 研究員
筑波大学生物科学系 助手
九州大学大学院理学研究院化学部門 リサーチレジデント
一色国際特許業務法人(バイオ・化学チーム)特許技術/特許翻訳者
京都大学 学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

研究者インタビュー Q&A

Q. 仕事中や研究者時代に思わずニヤリとしてしまった瞬間は?
実験室での研究そのもの以外の活動(いわゆる「雑用」)も、じつは研究全体を遂行する上では大切なんだよなあ、と実感したとき。
Q. 京大の中で一番好きなスポットは?
大津市観音崎にある、京都大学神陵ヨットクラブ(学部学生時代に所属)の艇庫。ここ吉田キャンパスからは遠く離れているけれど、琵琶湖疎水の取水口の前だから、もしも琵琶湖の水に乗って流されれば京都市内にまで戻ってこられます。
Q. 生協の学食メニューで一番好きなメニューは?
京大大学院生いらい約25年ぶりにキャンパスに戻ってきたところなので、これからメニューを一つ一つ再確認しようと思います(2016年4月現在)。
Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?
水草水槽での熱帯魚の飼育。動物だけでなく植物も育てることで、水槽の中で小さな自然環境を再現できるから。
Q. 京都でオススメの観光スポットは?
哲学の道をそぞろ歩けば、古都の味わい深い街並みと東山の豊かな自然とを同時に楽しめます。
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP