メンバー紹介学術研究支援室について

KASHIWAZAKI Yasuo柏﨑 安男

研究者へのメッセージをお願いします!

皆様が研究に少しでも専念できるよう、外部資金獲得からアウトリーチ活動まで、多面的な支援を誠意をもって行います。是非お気軽に声をおかけください。

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

目の前で展開する現象や取得した数値データが発するメッセージを読み解く・・・研究の醍醐味です。そんな研究生活を30年以上送った後、お世話になった大学で、学術研究支援という業務を知りました。特に外部資金獲得にあたり、研究計画調書作成のアドバイスが有効であることに気づかされました。そこで、会社勤務時代に積み上げた文書作成スキルと研究への熱い情熱を生かせる場として、リサーチアドミニストレーターを目指したいと考えました。

専門分野・スキル

生物科学、基礎生物学、腫瘍学、基礎化学、複合化学、農芸化学、プロセス・化学工学、薬学、ゲノム科学、基礎医学、内科系臨床医学、ナノ・マイクロ科学、生物資源保全学、生産環境農学、森林圏科学、境界農学、環境解析学、環境創成学

経歴

東京大学理学部生物化学教室 卒業
東京大学大学院理学系研究科 生物化学専門課程 修士課程 修了
住友化学株式会社 医薬事業本部 宝塚研究所
住友製薬株式会社 研究本部 総合研究所 主任研究員
弁理士資格取得
大日本住友製薬株式会社 研究本部 総合研究所 主席研究員
博士号(薬学)取得
大日本住友製薬株式会社 本社 ファーマコビジランス業務
立命館大学 研究部BKCリサーチオフィス(テクノプロデューサー)
京都大学 学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

研究者インタビュー Q&A

Q. 仕事を進める上で自慢できるマニアックな必殺技は?
Face-to-face talk
Q. 仕事の相棒ツールは?
フロリダブルーインクの、太字ペン先のウォーターマン万年筆
Q. 仕事中や研究者時代に思わずニヤリとしてしまった瞬間は?
研究者時代に、作業仮説を実証するデータが得られたとき。
Q. URAのやりがいを感じる瞬間は?
教員から感謝されたとき。
Q. URA業務で一番苦労することは?
期限ぎりぎりで教員から相談を受けたとき。
Q. URA業務でいちばん大切にしていることは?
信義誠実と意思疎通
Q. 休日の過ごし方は?
・野鳥観察および調査
・森林インストラクターとして、自然の大切さを市民に伝える活動
・能楽鑑賞および謡曲の会への出演
・料理(特に旬の野菜を使った和食)
Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?
能楽:
「能楽」は一言でいえば日本人が追求したフォルムの美の結晶です。学生時代に能狂言研究会観世会で謡と舞を学び、囃子の中心となる大鼓(おおつづみ)も習いました。今でも謡曲の稽古を続け、舞台に上っています。詞章を心地よいリズムと、情感豊かな旋律に乗せることにこだわっています。
Q. 好きな本やオススメの本は?
『今昔物語』読んで楽しい説話集。日本人の感性を再認識できます。
『ベートーヴェン書簡集』楽聖ベートーヴェンの息遣いが伝わってきます。
『リットン調査報告書』先の戦争へとつながった満州事変。世界がそれをどう見ていたか、興味深い報告書です。
Q. 尊敬する人物は?
世阿弥
Q. 性格をひとことで表すと?
探求心旺盛
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP