メンバー紹介学術研究支援室について

FUJIEDA Ayako藤枝 絢子

研究者へのメッセージをお願いします!

大学の国際連携、社会実装においてアイデアを実現するお手伝いをしたいと思います。ぜひ、お声をおかけください。

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

これまで、多分野・多国籍の研究者ともに教育・研究活動や社会実装に取り組むなかで、新たな国際連携や研究の創出、社会貢献の可能性を感じてきました。大学において自分の専門分野を超えて何かできればと思っていたときに、URAという職を見つけました。

専門分野・スキル

環境解析学、環境保全学、環境創成学、社会・安全システム科学、地域研究、観光学、人文地理学、政治学、土木工学、建築学

経歴

ペンシルベニア州立大学土木工学科 卒業
京都大学大学院地球環境学舎 修士課程修了
国際連合地域開発センター防災計画兵庫事務所 研究助手
京都大学大学院地球環境学堂 特定助教
京都大学大学院地球環境学舎 博士(地球環境学)
京都大学大学院地球環境学堂 助教
京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

研究者インタビュー Q&A

Q. 研究者になったきっかけは?
疑問に思うことがなかなか解決されなかったので。
Q. URAの仕事で印象に残っているものは?
ASEAN拠点の立ち上げ
Q. KURAを一言で表すと、どんなところ?
多才な人が集まっているところ
Q. URA業務でいちばん大切にしていることは?
コミュニケーションと広い視野
Q. 京大の中で一番好きなスポットは?
図書館、北部の銀杏並木
Q. 休日の過ごし方は?
できれば海
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP